髪の毛が増えた?!

健康で気になることと言えば、「体重」「シミ・しわ」「髪の問題」などではありませんか。

今回、ひょんなことから「髪の毛が増えた」報告をします。

もともとは心臓の心配から始まった。

ゆうに体重オーバーである「彼:47歳」は食べることが大変好きです。
甘いものも脂っこいものも欲望の赴くままに食していました。

男の人によく見られる「腸は弱いが、胃は問題ない」タイプで、食べた分だけ着実に内蔵に脂肪として貯金をしていました。
若いうちは動くことも多いのと代謝もまずまずなので単なる「デブ」でかたずけられます。

しかし、しかし・・・
年を取ってくると体のあちこちにがたが来ます。
とりわけ、心臓や血管はダメージを受けやすいように思います。

案の定「彼」にもその兆候が表れました。

心臓がなんか痛い!

ある時からなんだか心臓に違和感を感じるようになりました。
痛いような、引きつれるような、なんとも嫌な感じです。
時々、体をひねったり胸の筋肉をストレッチするようなしぐさをしていました。

「心臓がどうかしたの?」と聞くと
「ちょっとつまった感じで重苦しい。」とのこと

「それは狭心症の兆候だよ。病院に行かないと!」と教えてあげました。

しかし、びっくりすることに
病院には行かない!大丈夫、自力で何とかする。」との返答。

バカか!」と思いつつ、本人がそういうので尊重するしかありません。

漢方薬の出番

手元にこういう症状にピッタリの漢方薬がありました。

「生薬製剤二号方」という薬です。
この薬は血流の流れを良くするのに非常に優れた薬です。

この薬は昔、中国の毛沢東さんが心臓病になった時に中国が国を挙げて開発した薬が由来です。

狭心症は心配ですが、生薬製剤二号方があればなんとなく大丈夫のような気がしていましたので、「寄付」してあげました。

生薬製剤二号方については こちら に詳しく説明していますのでご興味があればご覧ください。

不真面目な服用

こっちの心配をよそに、なんとも服用状況が悪いのです。
毎日きちんと飲めばいいものを、気が付いたときに飲む感じで困ったものです。

そんなこんなで3か月ほど続けたころ、「彼」が靴を履いててしゃがんだ時に、ふと頭頂部をみてびっくり!
なんと髪の毛が増えているではありませんか。
減少の一途であったはずなのに、若干ではありますが盛り返していました。
また、白髪が目立っていたのに黒のほうが多くなっていました。

「髪の毛増えているよ!」って教えてあげました。
「そうかな~?」と言いつつ、
次の日から「毛生え薬」と言って毎日しっかり飲むようになってくれました。

薬は思わぬところで思わぬ効果

薬はよく副作用が問題となります。
今回のように思いもよらない「効果」もあります。

やはり血流をよくすることは本当に大事なことなんだなと思いました。
ひょっとしたら、自覚症状がなくても血流が悪いことで体が「損」していることがたくさんあるのかもしれませんね。

病院の薬で「アスピリン」という血液をサラサラにする薬があります。
このアスピリンには大腸がん予防効果が報告されています。
その効果はアスピリンが炎症を抑えることに由来すると考えられていますが、

「私」血流が良くなることが原因ではないかと思っています。
「私」は虚血といって、血が十分ではない状態が癌を引き起こすような気がしています。

ですので、漢方薬の中でも「丹参」という非常に血流改善に優れた生薬を含んだ生薬製剤二号方などを日頃から飲んでいると癌の予防になるのではないかと密かに考えています。

注意
これはあくまで「私」個人の考えです。

今回の思わぬ結果を受けて、自分も飲んでみようかと考えるようになりました。
しかし、冷え性など血が潤沢ではなさそうなので、血を補う「当帰」「阿膠」などをいっしょに取るといいのかなと考えています。

「阿膠」はコラーゲンですので肌のつやにもいいので一石二鳥かも!












漢方に関するご相談 新宿御苑駅徒歩2分
漢方相談 漢玄堂薬局

あなたの症状に合わせて、オーダーメイドの漢方薬を作ります。なかなか改善しない症状を漢方薬で解決します!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です