更年期に血圧が上がった時の漢方薬

 

更年期にじわじわと上がってくる血圧。
更年期高血圧は漢方薬でしっかり対策しましょう。

タイプ別、体質別で漢方薬を選ぶ。

 

便秘のある方

便秘があると、体の中にがこもりやすくなります。
また、代謝が悪く水分や血液の流れも悪くなります。

血圧が高くて、便秘のある方は
「大黄」が入った漢方薬を使うとよいです。

大黄
内側に熱がこもって、動かないものを動かします
便秘にも下痢にも使います。
こもった熱を取るので、頭痛などにも使います。

おすすめの漢方は”大柴胡湯”です。
大柴胡湯は次のような方に適しています。
  • ストレスで緊張・興奮することが多い。
  • がある。
  • 胃腸は丈夫なほうだが、胃が張ることがある。

 

 

体質に合わせて漢方をアレンジ!

 便秘が改善しない
  • 大黄の量を増やす
  • 寝る前に便通をつける「麻子仁丸」を追加する。
  • 水分摂取量を見直す。
 軟便になる
  • 大黄を除くか、または量を減らす
  • 黄連解毒湯」に変えて、夜だけ大柴胡湯にする。
 不安感が強く、不眠も悩み
  • 寝る前に「酸棗仁湯」を加える。
  • 柴胡加竜骨牡蛎湯に変えてみる。
  • 便通が弱い時は「麻子仁丸」を追加する。

漢方薬は体質に合わせたオーダーメイドだからこそ効く!

むくみのある方

むくみは体内の水分量が多く血圧を上げる原因となります。
また、むくみは心臓、腎臓にも負担をかけます。

血圧が高くて、むくみのある方は
」が入った漢方薬を使うとよいです。

水を動かして滞りを解消します。
お小水が出ない時も、出すぎる時も使います。
余分な水を取るので、めまいなどにも使います。

おすすめの漢方は”五苓散”です。
五苓散は次のような方に適しています。
  • 普段はどちらかというとお小水の量が多い。
  • 普段からよく水を飲む
  • どちらかというと暑がり。

 

 

体質に合わせて漢方をアレンジ!

 冷え性でとくに下半身がむくむ
  • 苓姜朮甘湯がおすすめです。
  • お小水の出が悪い方は牛車腎気丸がおすすめです。
  • ぽっちゃり体形には防己黄耆湯がおすすめです。
 めまいが気になる
  • 苓桂朮甘湯五苓散を状態に応じて配合する。
  • 沢瀉湯」を上手く組み合わせる。
 動悸がある
  • 炙甘草湯」+利水作用のある漢方。
  • 胸水がある方は「木防己湯」。
  • 驚きやすくて起こる動悸には「柴胡加竜骨牡蛎湯」がおすすめです。

冷えのある方

冷えはエネルギー不足です。
冷えで血圧が高いのは、どこかでつかえていて巡っていないことが原因です。

血圧が高くて、冷えのある方は
枳実」が入った漢方薬を使うとよいです。

枳実
固まってつかえたものをほぐします。
熱を冷まします。
しこりを消すので、腫れもの、筋腫などにも使います。

おすすめの漢方は”四逆散”です。
四逆散は次のような方に適しています。
  • 手足は冷えているが寒がりではない
  • できものが出来やすい。
  • 怒りっぽい。

 

 

体質に合わせて漢方をアレンジ!

 便秘がある
  • 桂枝茯苓丸がおすすめです。
  • のぼせも強い方は桃核承気湯がおすすめです。
  • イライラが強い方は加味逍遥散がおすすめです。
 目の下のクマが気になる
  • 生薬製剤二号方がおすすめです。
    生薬製剤二号方については  こちら をご覧ください。
 頭痛がある
  • 釣藤散がおすすめです。
  • 冷えが強い方には呉茱萸湯がおすすめです。
  • 胃が弱い方には桂枝人参湯がおすすめです。

肥満のある方

コレステロール血糖にも気をつけなければいけません。
基礎代謝が落ちてやせにくくなりますので早めに対策を。

血圧が高くて、肥満のある方は
肥満の「タイプ」で漢方薬を選ぶとよいです。

水太り
防己黄耆湯がおすすめです。
脂肪太り
皮下脂肪型:防風通聖散がおすすめです。
内臓脂肪型:扁鵲がおすすめです。

肥満は便秘の有無がひとつのポイントとなります。
あと、体の熱の具合をみて漢方薬を決めます。

 

 

体質に合わせて漢方をアレンジ!

 血糖も高い
  • 威徳」+必要に応じて肥満の漢方薬
  • 三七」+必要に応じて肥満の漢方薬
    三七については こちら をご覧ください。
 コレステロールも高い
  • 三七」がおすすめです。
 お酒をよく飲む
  • 三七」がおすすめです。

 

漢方薬はオーダーメイドが効く!

タイプ別にいくつか漢方薬を挙げてみましたが、
きっとこれだけでまだまだ症状をカバーできないでしょう。

漢方薬はその人の体質に合わせて

「攻めるところ」「補うところ」をよく見極めて、
組み合わせをするととても効果的です。


参考にしてみてください。

 

300種類ほどある漢方薬から
あなたの症状改善のための漢方薬を
ブレンディングします。

気になる症状がありましたら、
ぜひ、ご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です